ヨシノシティ5、ワカバタウン6・カメラおやじ

ヨシノシティで。

あんないじいさんの家の角に
見かけないおじさんがいます。

おじさん(カメラおやじの ゲンゾー)
 「いがいな ところで コンニチワ!
  わし カメラおやじの ゲンゾーです

  フォトジェニックな きみ!
  きねんしゃしんを とってかなーい?

  (はい を選びました。)

  よしきた! それでは
  じゅんび してちょーだい!

  (勝手に準備されて、写真を撮られました。)

  いいね いいね!
  いいのが とれましたよー!

  とった しゃしんは
  パソコンで みられるからねー」


さて、そうこうしながら、ワカバタウンに着きました。
ウツギポケモンけんきゅうじょへ行きます。

○ウツギポケモンけんきゅうじょ

ウツギはかせ
 「あれ ゆうじくん
  タマゴ かえったんでしょ
  ポケモン どうしてるの?

  ゆうじくんが
  たまごから かえした ポケモンを
  ぜひとも みたかいからね」


手持ち、いえ、連れ歩きにしていないと、
分かってもらえないようです。

で、先頭にして、もう一度ウツギ博士に話しかけると…。


ウツギはかせ
 「えっ?
  その ポケモンは……!

  ふーむ こんな ポケモンは
  ぼくの しるかぎり ジョウトでは
  みかけたことが ない……

  なるほど ポケモンじいさんが
  でんわで いってた とおりだ
  これなら でんせつの ポケ……

  あ いやいや なんれもないよ!

  とにかく これから
  ゆうじくんを ちゅうしんにして
  すごいことが おこるのは
  まちがい なさそうだ!

  よーし! こんなに
  ドキドキ させてくれる きみに
  プレゼントを あげちゃおう!
  えんりょせずに もっていって!

  (かわらずのいし を貰いました。)

  それは かわらずのいし!

  ポケモンは しんかを するときに
  すがたを かえる

  でも そのときに
  かわらずのいしを もたせていると
  しんかを とめることが できるんだ

  いまの すがたのまま そだてたい
  ポケモンが いたら
  もたせておくと いいよ!

  じゃあ ゆうじくん
  ぼうけんの つづき がんばってね!

  それから ぼくの けんきゅうの
  てつだいも わすれないでよー!」


研究の手伝いって、何だっけ?
ああ、連れ歩くと成長に影響があるのかどうか?
だっけ?

忘れていた、というか、
まったくそんな気なかったというか……。

まあ、ゲームのストーリーとは多分関係ないので、いいですよね。


ん?
ワニノコたちが乗っていたマシンが何か以前と違ってる…。

調べてみると、
「きちょうな ポケモンが……
 1ひきも のこっていない!

 ウツギはかせは さいごの 1ひきを
 だれに あげたんだろう……?」


誰でしょうね。
コトネ?


後で、意外な人物がポケモンとともに登場しそう……。


ワカバタウンでの用事がすんだので、
この前は寄らなかった、アルフのいせきへ行くことにします。

36ばんどうろから、アルフのいせき北側のゲートに入ります。


○ゲート

・係員
 「このさきは アルフのいせき!
  たくさんの いしで つくられた
  おおむかしの いさんだよ

  いったい だれが
  なんのために つくったんだろうね?」

・おじいさん
 「どうろに おかしな きが あっただろ
  そのせいか わからんが
  いせきも きゃくが へったわい」


おじいさん、おかしな木はいなくなったから、
もう心配ないですよ。

Posted by ポケモン大好きクラブ会員 | 『ヨシノシティ』のTOPへ▲

29ばんどうろ2・再びヨシノシティへ

最初の目標は、キキョウシティのジムバトルで勝つこと。
キキョウシティに向けて出発!

29ばんどうろに足を踏み入れた途端、
野生のコラッタが現れました。

29ばんどうろ略図

まず、バトルで弱らせて、
バッグのボールで……
ゲット!

ポケモン図鑑にコラッタの情報が書き込まれました。
コラッタにニックネームをつけるか聞かれましたが、
面倒なので いいえ。

ニックネームを自由につけたり、
後で変えたくなるかも?という人は、
とりあえずの名前でもよいので、
ニックネームをつけてあげたほうがいいです。

たぶん。。。
これまでのソフトでは、
ニックネームをつけない場合、あとで名前変更できなかったから。


次ぎにホーホー、オタチ、ポッポもゲット。


ヨシノシティに着きました。


ポケモンセンターで、ポケモンを回復してもらい、
オープンしたという2階の通信センターに寄ります。


カウンター左
「こんにちは! こちらでは
 トレーナーカードに ついて
 ごせつめい しております

 トレーナーカードは
 ポケモンと ともに たびをする
 トレーナーの あかし

 さまざまな じょうほうが
 じどうてきに きろく されます

 カードを タッチすると
 うらめんを みることが できます

 うらめんには あなたの サインを
 かいておくことが できます

 かいた サインは
 ユニオンルームで おともだちに
 みせることが できますよ!

 なお いちど かいた サインは
 あたらしく かきなおすと
 きえてしまいます

 ごちゅうい くださいね!」


カウンター真ん中
「ポケモン ワイヤレス クラブ
 ユニオン ルームに ようこそ!

 こちらでは おおくの ともだちと
 やりとり できます

 へやに はいりますか?」

今は入りません。


カウンター右
「ポケモン つうしん クラブ
 コロシアムに ようこそ!

 こちらでは ともだちと
 ポケモンの たいせんが たのしめます

 なんにんで たいせん しますか?」

今は対戦しません。
それぞれまた、余裕があるときに。


フレンドリィショップは何かかわったでしょうか?


奥の男の子
「モンスターボールが かえる!
 これで ポケモン つかまえまくりだね」


店員が2人になっています。


下の店員と話すと
品ぞろえにモンスターボール追加されていました。

上の店員は
エアメールとヒールボールを売っています。

上の店員は
その店独自の物や、変わった物を売っているのかな?


買い物をして、次に進みます。

Posted by ポケモン大好きクラブ会員 | 『ヨシノシティ』のTOPへ▲

ポケモンじいさんの家からワカバタウンへ

ポケモンじいさんの家からワカバタウンへ帰ります。


30番道路は変わったことはなく、ヨシノシティへ。


ポケモンセンターへ行ってみると、

2階へ行く左の階段前の女の子
「2かいの つうしんセンターは
 つい さいきん できたの

 あたし さっそく
 ポケモンこうかん しちゃった!」

行きではまだ調整中だった通信センターがオープンしたようですね。


フレンドリィショップも寄りましたが、
まだモンスターボールは売られていません。


他に変わったことはないので、ヨシノシティを出ようとすると……?


ウツギポケモン研究所を覗いていた赤い髪の男の子が
29番道路からこちらに走ってきました。


赤い髪の男の子
「…… …… ……

 おまえ さっき けんきゅうじょで
 ポケモン もらってたな

 おまえ みたいな よわいやつには
 もったいない ぽけもんだぜ

 …… …… ……

 なんだよ なに いわれてるのか
 わからないのか?

 ……だったら しかたない
 オレも いいポケモン もってるんだ
 どういうことか おしえてやるよ」


いきなりバトルに!

しかし相手のポケモンはLv.5のチコリータ

あっさり勝てました


赤い髪の男の子
「…… …… ……

 オレが だれだか しりたいか?
 それは……

 せかいで いちばん つよい
 ポケモントレーナーになる おとこ さ」


と言い放ち、去って行きました。
と思ったら、すぐに引き返してきました。


赤い髪の男の子
「かえせ! それは
 オレが おとした トレーナーカード

 ふん……
 オレの なまえを みたのか……」


そして、今度は本当に行ってしまいました。


さあ、気を取り直して29番道路へ。


気になっていたぼんぐりの木に向かいます。
みどぼんぐりでした。


29番道路も、他には変わったことはなく進みました。


さあ、ワカバタウンに着きました。

Posted by ポケモン大好きクラブ会員 | 『ヨシノシティ』のTOPへ▲

ヨシノシティ2・探索、出発

ポケモンセンターに着きました。


ヨシノシティ略図


○ポケモンセンター

2階へ行く左の階段前の女の子
 「2かいの つうしんセンターは
  つい さいきん できたの

  でも まだ
  ちょうせいちゅう ですって」


カウンター前の男の子
 「ポケモン なんひき あずけても
  ただ なのは うれしいなあ」


中央のおじさん
 「あそこに おかれた パソコンは
  ポケモントレーナーなら だれでも
  じゆうに つかって いいのだよ!」


下へ行くエスカレーター前の女性
 「もうしわけ ございません

  ちかは ちょうせいちゅう でして
  いまは おりることは できません

  あらためて おこしくださいませ」


まだ体力がありますが、ワニノコを預けてみます。

受付のお姉さんと会話後、
連れ歩いていたワニノコが、勝手にモンスターボールに戻って、
回復装置にセットされました。

回復されたモンスターボールを返してもらい、
ゆうじが動いた途端
モンスターボールからワニノコが出てきました。


次にフレンドリィショップへ行ってみます。
何を売っているのでしょう?

○フレンドリィショップ

眼鏡の男の子
 「くさむら あるいてたら
  むしポケモンに どく くらった!

  しかも そのまま あるいてたら
  どんどん たいりょく へってった!

  どくけし わすれないように ね」


奥の男の子
 「モンスターボール うりきれ だって!
  つぎに かえるのは いつかなあ」


・店員
 販売商品 キズぐすり、どくけし、まひなおし


とりあえず、キズぐすりどくけしを買いました。


○民家1

男の人
 「ポケモンって
  たたかっていると けいけん つんで
  すがたかたちが かわっちゃうんだよ」


女の人
 「ポケモンには それぞれ
  せいかくが あるんだって!

  せいかくは ポケモンの のうりょくに
  かんけい してるみたい!」


あんないじいさんの家

あんないじいさん
 「わしも わかいころは
  ばりばりの トレーナー じゃった!

  そんな わしからの アドバイス!

  ポケモンは いっぱい つかまえろ!

  じゃが 6ひきしか もてん!

  それいじょう つかまえた ときは
  じどうで パソコンへ おくられる!

  パソコンから にげたりは せんので
  なにも しんぱいは いらん!

  そして このことを わすれるな!

  つかまえた ポケモンには
  せいいっぱいの やさしさを もって
  せっして やるのじゃ……」


○民家2

男の人
 「ポケモントレーナー として
  じつりょくを たしかめるのか?

  だったら ジョウトちほうの
  かくちに ある ポケモンジム
  バッジを あつめる ことだな!」


男の子
 「ぼく おおきくなったら
  がんばって ジムリーダーに なる!

  そのため ともだちの ポケモン
  たたかわせて きたえるんだ!」


○通り

イの女の子
 「ポケモンと いっしょなら
  どこに いくのも たのしいわよね」


ウの男の子
 「どうろに たってる トレーナーと
  ゆうかんに たたかったんだけど……

  ぼくの ポケモン
  まけて ボロボロに なっちゃった
  ポケモンセンターに いかないと……」


30ばんどうろへ行こうとすると、
あんないじいさんが走ってきました。

あんないじいさん
「はあ はあ はあ……
 なんとか まにあった……!

 おまえさんに もうひとつ
 おれいを するのを わすれとった

 ほれ!」


あんないじいさんはポケギアに
マップカードを読み込ませてくれました。
すると、ポケギアでタウンマップが見られるようになりました。


あんないじいさん
「タッチスクリーンで
 ポケギアを えらんでぇー
 さらに タウンマップを えらべばぁ
 いま おぬしがいる ちほうの
 マップが みられるのじゃ!

 ポケギアは こんなぐあいに
 カードの データを よみこませれば
 どんどん べんりに なるのだぞい!

 では がんばるんじゃぞ!」


ポケギアを開くと、
下に巻物のような絵のアイコンが増えていました。

タウンマップでは、
行ったことがある町は赤くなります。
現在地も分かります。
また、町にカーゾルをあわせると、
上画面に町の地図が出てきます。

Posted by ポケモン大好きクラブ会員 | 『ヨシノシティ』のTOPへ▲

ヨシノシティ1・あんないじいさん

ヨシノシティに着くと、
すぐにおじいさんが、
を出して寄ってきました。

戦いを挑んでくるトレーナー…?


ヨシノシティ略図

アのおじいさん
「おまえさん しんまいトレーナーか?
 ずぼし じゃな!

 よいよい
 だれだって はじめては ある

 わしが いろいろと おしえてやるから
 しんぱいは いらん
 さあ わしに ついてこい!」


と、さっさと歩きだすおじいさん。
ですが、すぐに戻ってきました。


アのおじいさん
「いやー すまん すまん
 おまえさん ランニングシューズを
 もってなかったんじゃな!

 なるべく ゆっくり あるくから
 がんばって ついてくるのじゃぞい!」


赤い屋根の建物の前で…


アのおじいさん
「ここは ポケモンセンター
 きずついた ポケモンを あずけると
 あっというまに なおしてくれる!

 これからさき なんかいも
 せわに なるじゃろう
 おぼえておいた ほうが ええぞ!」


青い屋根の建物の前で…


アのおじいさん
「ここは フレンドリィショップ
 ポケモンを つかまえる ボールとか
 いろんな グッズを うってるぞ!」


フレンドリィショップ横の奥へ続く通りで…


アのおじいさん
「このさきは 30ばんどうろ

 じまんの ポケモン
 たたかわせている ものも おるし
 すこし さきには
 ポケモンじいさんの いえも ある!」


浜辺で…


アのおじいさん
「ここは ごらんのとおり うみ!

 みずの なかにしか いない
 ポケモンも おるんじゃ!」


民家(あんないじいさんの家)の前で…


アのおじいさん
「……で
 ここが わしの いえじゃ!

 ここまで きてくれた おれいに
 ランニングシューズを やろう
 わしの ぬぎたて ホカホカじゃ!

 …… …… ……
 …… …… ……

 じょーだん じゃよ
 しんぴん だから あんしんせい」


ゆうじはランニングシューズを貰いました。


「とりあつかいせつめいしょ には
 「タッチスクリーンの
  ダッシュボタンを タッチ すれば
  ダッシュが できる」

 さらに
 「Bボタンを おしっぱなしに
  していても」 ダッシュが できる」
 と かいてある!」


おじいさんの家のポストを調べると、
あんないじいさんのいえ
と書いてあります。

おじいさんは、あんないじいさん というんですね。


早速、ダッシュしながら
教えてもらったポケモンセンターへ行くことにします。

Posted by ポケモン大好きクラブ会員 | 『ヨシノシティ』のTOPへ▲