ヨシノシティ5、ワカバタウン6・カメラおやじ

ヨシノシティで。

あんないじいさんの家の角に
見かけないおじさんがいます。

おじさん(カメラおやじの ゲンゾー)
 「いがいな ところで コンニチワ!
  わし カメラおやじの ゲンゾーです

  フォトジェニックな きみ!
  きねんしゃしんを とってかなーい?

  (はい を選びました。)

  よしきた! それでは
  じゅんび してちょーだい!

  (勝手に準備されて、写真を撮られました。)

  いいね いいね!
  いいのが とれましたよー!

  とった しゃしんは
  パソコンで みられるからねー」


さて、そうこうしながら、ワカバタウンに着きました。
ウツギポケモンけんきゅうじょへ行きます。

○ウツギポケモンけんきゅうじょ

ウツギはかせ
 「あれ ゆうじくん
  タマゴ かえったんでしょ
  ポケモン どうしてるの?

  ゆうじくんが
  たまごから かえした ポケモンを
  ぜひとも みたかいからね」


手持ち、いえ、連れ歩きにしていないと、
分かってもらえないようです。

で、先頭にして、もう一度ウツギ博士に話しかけると…。


ウツギはかせ
 「えっ?
  その ポケモンは……!

  ふーむ こんな ポケモンは
  ぼくの しるかぎり ジョウトでは
  みかけたことが ない……

  なるほど ポケモンじいさんが
  でんわで いってた とおりだ
  これなら でんせつの ポケ……

  あ いやいや なんれもないよ!

  とにかく これから
  ゆうじくんを ちゅうしんにして
  すごいことが おこるのは
  まちがい なさそうだ!

  よーし! こんなに
  ドキドキ させてくれる きみに
  プレゼントを あげちゃおう!
  えんりょせずに もっていって!

  (かわらずのいし を貰いました。)

  それは かわらずのいし!

  ポケモンは しんかを するときに
  すがたを かえる

  でも そのときに
  かわらずのいしを もたせていると
  しんかを とめることが できるんだ

  いまの すがたのまま そだてたい
  ポケモンが いたら
  もたせておくと いいよ!

  じゃあ ゆうじくん
  ぼうけんの つづき がんばってね!

  それから ぼくの けんきゅうの
  てつだいも わすれないでよー!」


研究の手伝いって、何だっけ?
ああ、連れ歩くと成長に影響があるのかどうか?
だっけ?

忘れていた、というか、
まったくそんな気なかったというか……。

まあ、ゲームのストーリーとは多分関係ないので、いいですよね。


ん?
ワニノコたちが乗っていたマシンが何か以前と違ってる…。

調べてみると、
「きちょうな ポケモンが……
 1ひきも のこっていない!

 ウツギはかせは さいごの 1ひきを
 だれに あげたんだろう……?」


誰でしょうね。
コトネ?


後で、意外な人物がポケモンとともに登場しそう……。


ワカバタウンでの用事がすんだので、
この前は寄らなかった、アルフのいせきへ行くことにします。

36ばんどうろから、アルフのいせき北側のゲートに入ります。


○ゲート

・係員
 「このさきは アルフのいせき!
  たくさんの いしで つくられた
  おおむかしの いさんだよ

  いったい だれが
  なんのために つくったんだろうね?」

・おじいさん
 「どうろに おかしな きが あっただろ
  そのせいか わからんが
  いせきも きゃくが へったわい」


おじいさん、おかしな木はいなくなったから、
もう心配ないですよ。

Posted by ポケモン大好きクラブ会員 | 『ワカバタウン』のTOPへ▲

ワカバタウン5・トレーナーとして冒険へ

ゆうじは家へ帰りました。
おかあさんに、冒険の旅へ出ることを話さなくっちゃ。


ワカバタウン略図

お母さん
「…… …… ……
 ……そう ぼうけんに でるのね
 
 よーし!
 おかあさんも きょうりょく するわ
 なにか できるかしら……?

 そうだ!

 あなたが しょうきんを もらうたび
 おかあさんが すこしずつ
 ちょきん しておいて あげるわよ

 ながいたびに なりそうだもの
 おかねは たいせつに しないと!

 どう ちょきん する?」


貯金するとどんな良いことがあるのか分かりませんが、
はい にしました。


お母さん
「わかった まかせておいて!

 …… …… ……
 ……きをつけて いくのよ

 ポケモンは だいじな ともだち
 ちからを あわせて がんばれば
 なんだって できるんだから!

 さっ いってらっしゃい!」


そうそう、コトネにお礼を言って行こうかな?
と、コトネの家に行きました。


コトネのお父さん
「おっ ゆうじくん
 コトネは いま るすなんだよ

 はかせの おてつだいで
 あっちいったり こっちいったり
 おとなの わたしより
 いそがしそうに してるんだよね!」


留守なら仕方ないですね。
では、ウツギ博士に挨拶していきましょうか。


ウツギ博士
「がんばるんだよ!
 ぼくも タマゴについて わかりしだい
 れんらく するからね!」


ん?
29番道路との町境にコトネはいました。


コトネ
「あ きたきた!」


コトネ
「ゆうじくん!

 あのね モンシターボールが あれば
 やせいの ポケモンを
 つかまえることが できるの!

 ちょっと あたしに ついてきて」


コトネは草むらに入って
なにやら暴れています。


コトネ
「……とまあ こんな かんじ!

 …… …… ……
 え? よくみえなかった?

 じゃあ もういっかい やるから
 こっちに きて!」


実際にバトルをしながら、
ポケモンゲットの方法を教えてくれました。


コトネ
「……とまあ こんな かんじ!

 もっと あいてを よわらせたり
 ねむらせたり すると
 さらに つかまえやすく なるの

 あとは じぶんで いろいろ
 くふう してみると いいわ

 これ あげるから がんばってね!」


コトネはモンスターボールをくれました。


コトネ
「じゃあ またね!」


では、今度は本当の冒険の旅へ出発!

Posted by ポケモン大好きクラブ会員 | 『ワカバタウン』のTOPへ▲

ワカバタウン4・ポケモン盗難事件

ワカバタウンに着き、
早速、ウツギポケモン研究所へ行きます。


あれ?警察官みたいな人がウツギ博士と話しています。
近寄ると…


ワカバタウン略図

警察官
「なんだね キミは?
 いま ポケモン とうなんじけんの
 とりしらべちゅう なのだが……

 そうさの ほうそく その1
 「はんにんは げんばに もどる」

 ということは まさか! キミが!
 は ん に ん!?」


え~!
ポケモンを貰いはしたけど、
盗んじゃいませんよ!


そこへコトネが走って入ってきました。


コトネ
「ちょっと まって!
 このひとは かんけい ありません

 あたし みたんです
 まっかな かみの おとこのこが
 ここを のぞいているのを!」


そうそう!
赤い髪の男の子!


警察官があらためてみんなから話をきいているようす


警察官
「で キミは そんな しょうねんと
 たたかったと いうのかい?

 ふーむ ということは
 はんにんは その じんぶつか……

 ところで その しょうねん
 どんな なまえか わかる?」


少年の名前を付けます。
しんじにしました。


警察官
「なるほど!
 しんじ と いうのだね!

 (いいえで替えられます。)
 
 ごきょうりょく ありがとう!

 ほんかんの つぎなる こうどうは
 あかいかみの じんぶつを おえ!
 というわけだな!」


警察官は出ていきました。


コトネ
「ゆうじくん
 うたがいが はれて よかったね!

 じゃあ また あとで!」


コトネも出て行きました。


ウツギ博士
「ゆうじくん……
 たいへんな めに あったよ

 あっ そうそう
 ポケモンじいさんの
 だいはっけんって なんだったの?」


ウツギ博士にふしぎなタマゴを渡しました。


ウツギ博士
「うん なんだい?
 これは タマゴ…… だよね?

 たしかに これは みたことない
 しゅるいの もののようだけど……

 いまどき ポケモンの タマゴで
 おどろくなんて ポケモンじいさんも
 あいかわらずだなあ……

 でも…… せっかくの タマゴだし
 もしかしたら なにか
 ひみつが あるのかもしれないね

 よし!
 しばらく ぼくのほうで あずかって
 しらべてみるよー」


ウツギ博士
「え? オーキドはかせから
 ポケモンずかんを もらった!?

 ゆうじくん ほんとうかい?
 それって すごいこと だよ!

 なんたって オーキドはかせは
 トレーナーの さいのうを みぬく
 ちからの もちぬし だからね

 へえ そうかあ……
 ぼくも ゆうじくんは
 タダモノじゃないと おもってたけど
 こりゃ おもしろそうな ことに
 なってきたねえ!

 きみに あげた ポケモンも
 すっかり なついてるようだし……

 よし!

 このまま かくちの ポケモンジムに
 ちょうせん してみるのは どう?

 そして……
 すべてに かちぬいて いけたら

 そのさきに まっているのは……
 ポケモンリーグ チャンピオン!

 ……なーんてね!

 チャンピオンを めざすのは
 かんたんなことでは ないけど

 とりあえず ここから いちばんちかい
 キキョウシティの ジムなら

 きみぐらいの ちからが あれば
 なんとかなるんじゃ ないかな

 ……ゆうじくん
 かくちの ポケモンジムを
 たどっていく となると
 ながいたびに なると おもう

 しゅっぱつする まえに
 おかあさんに はなしておきなよ」


なんか大変なことになってきました。
とりあえず、言われた通り、家に帰ってみます。

その前に、いったい何のポケモンが盗まれたのでしょう?
やっぱりチコリータ?


装置を調べてみると

「きちょうな ポケモンが
 あと 1ひき のこってる!

 ……あっ! よくみたら
 これいじょう ぬすまれないように
 あつい ガラスで まもられている!」


ポケモン研究所を出る前に助手にも話を聞いてみます。


助手
「そとで おおきな おとがして……
 はかせと みにいった すきに
 ポケモンを ぬすまれたようです……

 ……はあ
 ぬすまれた ポケモン
 いまごろ どうしてるだろう……

 わるいひとに そだてられると
 わるいポケモンになる っていうし……」


知能犯ですねぇ。


研究所を出ました。


アの女の子
「あら かっこいい ポケギアね!」

Posted by ポケモン大好きクラブ会員 | 『ワカバタウン』のTOPへ▲

ワカバタウン3・出発

ワカバタウンを出る前に、
ワカバタウン内をすべて回ってみます。


まず、隣のウツギポケモンけんきゅうじょの2階。
外階段で行けるようです。


ワカバタウン略図

ウツギポケモンけんきゅうじょ

ウツギはかせの奥さん
 「あら ユウジくん!

  うちの だんな
  なんだか いそがしそうだけど
  むり してないかしら?

  ポケモンの けんきゅうに なると
  むちゅうで ごはんも たべないのよ」


ウツギはかせの子ども
 「ぼく おおきくなったら
  おとうさんの おてつだいを する!

  そして すごい
  ポケモンはかせに なるんだ!」


 いい家族ですね。


○コトネの家1階

コトネのお父さん
 「やあ! ユウジくん
  コトネなら 2かいに いるぞ!

  いつものように
  ポケモンと あそんでるさ」


○コトネの家2階

コトネ
 「あたしの マリルも
  サイコーに かわいいけど……
  ユウジくんが もらった
  ワニノコも なかなかね!」


○民家1

女の子
 「ピカチュウは すでに しんかした
  ポケモン である!

  ……というのを
  さいしょに はっけん したのは
  ウツギはかせ なのよ

  わたし びっくり しちゃった!

  さすがは ポケモンしんかの
  けんきゅうで ゆうめいな はかせ

  はあ…… わたしも あんな
  すごい けんきゅうしゃに なりたいわ」


○通り

アの女の子(2回目)
 「あら! かわいい ポケモン
  あたしも ほしいなあ」


イの男の子
 「よっ!

  ウツギはかせが あたらしい
  ポケモン みつけたんだってな」

いよいよ町を出ようとすると…

ウツギはかせ
「おおーい!」


ウツギはかせが走ってきました。

ウツギはかせ
「いやー わすれるところ だった!
 きみに ぼくの
 でんわばんごうを おしえておくよ!」


ポケギアにウツギはかせの電話番号が
自動で登録されました。


ウツギはかせ
「じゃあ なにかあったら
 れんらく するからね よろしく!」


さあ、今度こそ、冒険の始まり、始まり。


ワカバタウンを出ると、つながっていたのは
29ばんどうろでした。

Posted by ポケモン大好きクラブ会員 | 『ワカバタウン』のTOPへ▲

ワカバタウン2・ウツギポケモン研究所

家の外へ出ると、いきなりマリルが駆け寄ってきました。
が、隣の家の2階から女の子が現れると、
そちらへついていってしまいました。

あの子がコトネかな?

それより、ウツギはかせけんきゅうじょへ行かなくては。
出会った人に話しかけながら歩きます。

ワカバタウン略図

アの女の子
「あら すてきな バッグね!」


ウの男の子
「…… …… ……
 ここが ゆうめいな
 ウツギ ポケモン けんきゅうじょ……

 ……なんだよ
 ひとのこと じろじろ みてんなよ」

と、ゆうじを突き飛ばし、またけんきゅうじょを覗いています。
なんだか怪しい奴……。


けんきゅうじょに入ると、白衣の人がいました。

眼鏡をかけた白衣の人(じょしゅ)
「ん? わたし?
 わたしは はかせじゃ ないですよ

 はかせなら へやの おくに
 いらっしゃいます」


ウツギはかせ
「あっ ユウジくん
 きてくれるの まってたんだよ!
 きみは ぼくの けんきゅうのこと
 しっていたかな?

 いま ポケモン というのは
 モンスターボールに いれて
 もちあるくのが あたりまえ だろ?

 だけど モンスターボールが
 はつめい されるまえは
 みんな ポケモンを そとに だして
 つれあるいて いたらしいんだ

 そう! きみの ともだちの
 コトネちゃん みたいにね!

 もちろん モンスターボールには
 ポケモンを もちはこび しやすくする
 という りてんも あるけど

 つれあるく ことにも
 なにかしらの いみは あると
 おもうんだよね

 それは もしかすると ポケモン
 せいちょうや しんかに
 かんけいが あるのかもしれない……

 そこで!

 きみにも ポケモンを あげるから
 それを つれあるいてみて

 ポケモンと にんげんとの あいだに
 なにか とくべつな かんじょうや
 きずなが うまれるものか
 しらべてみて もらいたいんだ!

 きみに あげる ポケモン
 そこにある そうちに……」


 !


ウツギはかせ
「あ メールだ!

 ふむふむ
 ヘー そうなんだ……」


ウツギはかせ
「あのね ぼくの しりあいに
 ポケモンじいさん といって

 めずらしいモノを みつけてきては
 だいはっけん! って おおさわぎする
 おじいさんが いるんだよ

 で いまね
 「こんどこそ ほんもの ですぞ!」
 っていう メールが きたんだ

 たぶん また
 ポケモンのタマゴだと おもうけど
 ぼくも じょしゅも
 いま いそがしいからねえ……

 あ!

 そうか!

 きみが かわりに いってくれたら
 ちょうどいいんだよ!
 そうだろ? たのんだよ!

 そこの そうちで すきなポケモン
 1ぴき えらんでさ!」


ウツギはかせってば、
ずいぶん、強引というか、勝手というか…。

ともかく、これで最初のポケモンが手に入るようです。


やったね!
装置の前へ行き、調べてみました(Aボタンを押す)。


ウツギはかせ
「ボールを タッチすれば
 なかの ポケモンが わかるよ!」


それぞれには
水のポケモン ワニノコ
草のポケモン チコリータ
炎のポケモン ヒノアラシ
が入っていました。


どれにしようか…?
ワニノコを選びました。


ウツギはかせ
「みずの ポケモン
 ワニノコが いいんだね?」


ボールのボタンをタッチして決定!


(「もらった ワニノコに
 ニックネームを つけますか?」
 のメッセージで、
 はい を選ぶと名前の入力画面になります。
 私は いいえ にしました。)


ウツギはかせ
「どうだい? そうやって
 ポケモンを つれあるくの
 なかなか きぶんの いいもんだろ?

 そのちょうしで ポケモンじいさん
 いえまで いってみると いいよ

 ポケモンが きずついた ときは……

 そこの マシンで
 かいふく させると いいよ

 そうさほうほうは かんたん
 ぼくの つくえのうえに ある
 パソコンを しらべる だけさ!」


ウツギはかせ
ポケモンじいさん
 いろんな ところに いっては
 めずらしいモノを みつけてくるんだ

 ヨシノシティを とおりぬけた
 すこし きたに すんでるからね
 
 それじゃ
 ユウジくん よろしく!」


早速、出かけようとすると、
じょしゅが駆け寄ってきました。

じょしゅ
「ユウジくん!
 おつかいを してくれる きみに
 これを おわたし します!」

キズぐすりを貰いました。
(手に入れたものは自動でバッグのポケットにしまわれます。)


じょしゅ
「さいしょの うちは ポケモン
 まだ よわい ですからね

 あぶない! と おもったら
 ためらわずに すぐに キズぐすりを
 つかってあげると いいですよ」


けんきゅうじょをでると、さっきのマリルを連れた女の子がいました。

コトネ
「ユウジくん!
 
 あなたが もらったのは……
 ワニノコね!

 いいなー いいポケモンよ それ!

 そうやって つれあるいて いると
 ポケモンは あなたのこと
 どんどん すきになってくれるの

 ときどき うしろを ふりむいて
 はなしかけて あげるのも いいわ

 そうだ! おかあさんにも
 みせてあげたら どうかな

 じゃ またね!」


言われた通り、ひとまず家に帰ります。


おかあさん
「あら! ユウジ!
 かわいい ポケモン つれてるじゃない
 ウツギはかせに もらったのね

 それで ウツギはかせ
 ようじって なんだったの?

 …… …… ……

 そう たいへん そうね
 でも ひとに おねがい されるって
 だいじなこと なのよ!

 そうだ!
 わすれるところ だったわ

 しゅうりに だしてた
 ポケモンギアが もどってきたの

 はい!

 (下画面メニューにポケギアが追加されます。)

 ポケモンギア……
 ちぢめて ポケギア

 いちにんまえの トレーナーに
 なるなら もってないとね

 そうそう! ポケギアでは
 でんわを かけることも できるの
 つかいかたは おぼえてる?

 (いいえを選びました。)

 じゃあ せつめいしょを よむね

 したがめんの メニューから
 ポケギアを えらんで つぎに
 でんわの アイコンを えらびます

 かける あいての なまえは
 じどうで とうろく されているから
 かけたいひとの なまえを えらぶだけ

 こんなに かんたんに
 でんわ できるなんて すごいわね」


出かける前に、自分の部屋に戻り、
グッズを調べることにします。

パソコンの前でAボタン。
「ユウジの パソコンを
 きどうした!

 メールボックスを みた!」

コトネからメールがきていました。


机の横の白い箱みたいなものはなんだろう?
「ウィーが ある!

 ジョウトでも ウィーは
 だいりゅうこう!」

テレビは?
消えているみたいです。


ついでに1階のグッズもチェック。


テレビは?
「テレビで えいがを やってる!
 おとこのこが ふたり
 どうくつで たからを さがしてる!」
……もう いかなきゃ!

関係のない番組だったようです。


流し台
「ぴかぴかの ながしだい!
 おかあさんは きれいずき」


ガスコンロ
「おかあさんの とくい りょうり
 グレンふう かざんハンバーグ!」


冷蔵庫
「れいぞうこの なかには……

おいしいみずが いっぱお
そして あまーい ミックスオレ!」


最後におかあさんに声をかけると

おかあさん
「どうしたの?
 ポケモンじいさんの おうち
 どこだか わからなくなっちゃった?

 30ばんどうろを きたのほうへ
 すこし いった ところだから
 きをつけて いってらっしゃいね」

Posted by ポケモン大好きクラブ会員 | 『ワカバタウン』のTOPへ▲